Read Article

ULTRA wifi 4Gと初の対応ルーター101SIはどうなのか?

101si

ここ最近、スマートフォンやモバイル端末などのデータ通信においてはまさに転換期に来ていますね。
各社からより高速化が可能なサービスの提供開始が発表されています。

その中で今回はsoftbankが提供するULTRA WIFI 4Gについて簡単にまとめてみます。

ULTRA WIFI 4Gとは

softbank 4Gはsoftbankなどが出資し設立されたWireless City PlanningのXGPを高度化した通信方式AXGP(Advanced XGP)技術を用いる高速通信サービスでTD-LTEと100%互換があるとされており、WiMAXなどと同じ2.5GHz帯の周波数を使用しています。

2011年11月01日からテスト運用を始め、2月24にサービスが開始された。
エリア展開については、2012年度末には政令指定都市の99%をカバーの予定となっており、通信速度に関しては規格上の最大通信速度は110Mbpsとなっています。

ULTRA WIFI 4Gの速度は

softbank 4G規格上の最大通信速度は110Mbpsとなっていますが、初の4G対応端末101SIでは最大通信速度は76Mbpsまでとなっています。
4G対応エリア外では下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsでの通信が可能なULTRA SPEED(DC-HSPA)にも対応しています。

実際の速度比較としては
週アスpulsでベンチマーク測定を行っています。
測定場所は東京の飯田橋で使用機種は101SI、SPEEDTEST.NETで測定しています。

5回の測定で下りの最高が17.46Mbps。
全て10Mbps超えの平均14.02Mbps。
ちなみに上りの最高は4.05Mbpsでした。
17.46Mbpsとはかなりの速度ですね。

ULTRA WiFi 4Gはウルトラマンともども竹子もビックリするほどウルトラ速かった

YouTubeの101SIと007Zとの速度比較動画では

確かに101SIが速いですが、ネットブラウズでは差が分かりにくいですね。
動画など重たいものでやるともっと差が分かるかもしれません。
あと測定場所もよく分からないので微妙ですね。

ULTRA WIFI 4Gの対応エリアは

2012年3月末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市および上記周辺都市で利用可能予定。
2013年度末で政令指定都市の99%をカバーの予定なので現状はかなり厳しいですね。

softbank提供のsoftbank 4G対応エリアで見ても、現段階で私の住む福岡では福岡市と北九州市の中心部のみで他の九州各県では全然です。
2012年08月の予定を見ても主要都市の一部で使えるのみです。
当面はサブのULTRA SPEEDに頼るしかなさそうですね。

ULTRA WIFI 4Gの料金体系と端末価格は

料金プランは専用の4Gデータし放題フラット(月額5985円)。
これに4Gデータ通信の基本料金525円/月が加わり、合計は6510円になります。
注意点としては
4Gデータし放題フラットは2年契約(自動更新)となり、更新月(契約期間満了の翌請求月・初回のみ翌々月を含む2ヵ月間)以外の解約等には契約解除料(9,975円)がかかります。
また、
・2012年10月以降、月の利用のデータ量が5GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128Kbpsに制限。
・2012年10月以降、別途申し込みで上記制限なく利用可能。(5GB超過後、2GB毎に2,625円かかります。)
・My SoftBankにてEメールアドレスを登録で利用データ量をメールにて連絡。(2012年7月以降受付開始予定)
と面倒なことになっています。

お得なキャンペーン情報としては
4Gデータ通信スタートキャンペーンの適用で月額4980円(基本料込みの合計で5505円)
ソフトバンクのスマートフォンやタブレット端末を利用するスマホセット割の適用で月額3880円(基本料無料で合計で3880円)
これらの割引キャンペーンはともに2012年04月30日までとなっています。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top