Read Article

モバイルWi-Fiルーターとは

モバイルWi-Fiルーターとは、無線でネットワークを中継できる小型端末(モバイル端末)です。バッテリーで動作し、無線での通信なので配線などもありません。つまり、モバイルWi-Fiルーターを持ち歩けば、屋内でも屋外でもインターネットとの接続が可能になります。もちろん通信可能なエリア内での話ですけどね。

主に屋外でノートパソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などのWi-Fi対応機器をインターネット接続したい時に使います。最近のモバイルWi-Fiルーターの通信速度は有線での固定通信(ADSL、光回線など)に近づいてきていることや、料金も大差はなく工事や配線もいらないことから、屋内でもモバイルWi-Fiルーターを利用している人が増えてきています。とは言え、通信速度や通信の安定性では固定通信にかなわないのも事実です。

もう一つの特徴は、機種にもよりますがモバイルWi-Fiルーターを基点として10台程度の複数機器を無線で同時にインターネット接続することが可能です。モバイルWi-Fiルーターを1台持っていれば、ノートパソコン、スマートフォンなど同時にネット接続できるので大変便利です。

スマートフォンやタブレットの一部は、本体機能でネット接続できますが、それぞれ契約が必要で費用がかかります。モバイルWi-Fiルーターでネット接続すると1契約で複数のネット接続ができるので費用の削減もできます。

モバイルWi-Fiルーター以外で屋外ネット接続が可能となるものとしては、カードタイプやUSBタイプのデータ通信端末や屋外に設置してある公衆無線LAN(WiFiスポット)などがあります。

カードタイプやUSBタイプのデータ通信端末はインターネット接続したい機器、例えばノートパソコンなどに挿入、接続して使います。接続した機器(ノートパソコン)から電源が供給されるので、モバイルWi-Fiルータのようにバッテリーの心配をする必要がありませんが、接続した機器しかネット接続できません。

公衆無線LAN(WiFiスポット)は人の多く集まる場所、駅やコンビニや飲食店などに無線LANのアンテナが設置してあり、低額な料金、一部は無料でインターネット接続が可能になります。無線で通信できるので便利なのですがアンテナ自体はその場所に固定してあるので、その場所でしか使えません。また、サービス提供会社も複数あり、設置箇所もバラバラなので、移動しながら、どこでもネット接続というわけにはいきません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top